スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画『SAW』 

ヒサビサの衝撃です。


映画『SAW』http://sawmovie.jp/


昨日からすでに『SAW2』が公開されてますけどhttp://saw2.jp/

ようやく1をDVDで見ました。


薄汚れたバスルームに閉じ込められた2人の男。

2人の間には自殺死体がある。

鎖で足を繋がれた2人の男が生きるためには相手を殺さなくてはいけない


という、犯人によって設定された"ゲーム”をクリアできるのかというのが

おおざっぱなあらすじ。




もうね、計算され尽くしてます、これ。

何重もの伏線が張られ、ラストに向けどんどん

緊迫感が高まっていくんですけど、もうね、

見ながら、


どーなるんだよ、オイ!


みたいな。



『殺されるかもしれない』という恐怖を前に

その状況を打開しようとなんとか冷静に行動しようとする登場人物たちが

少しずつ恐怖に蝕まれ、最後には



爆発。




見てる方も、たまりたまった緊張感が最後で


スカッ!



と抜けて、おおお!そう来るかよ~っ!って爽快感があるようで、


でもやっぱり気分悪いまま終わる感じ(笑)。





すごい衝撃を受けた映画のひとつに

『MEMENT』

っていうのがあるんですけど、これにちょっと似てるな~と。



もちろんストーリーは全然違うんだけど、

伏線の張り方とか、

登場人物&見てる側へのストレスの掛け方とかね。



でも、クライマックスの納得感というか、やられた!みたいな感じは

『SAW』の方が



段違いに上




ですね。




この映画の発想の源っていうのがまたすげーなーと思うんですよ。



脚本は、監督のジェームズ・ワンって人が

主演もつとめたリー・ワネルと作り上げたんですけど、

密室に閉じ込められた男2人って発想は、

それだったら



制作費用が安上がり



になるだろうっていうことだったらしいです。




以前、よく銭金見てた時に思いましたが、



貧乏人の発想



ってスゲーな、と。


「制約は発想の源」なんていう人もいますけどね。




とにかく、面白いんでまだ見ていない方はぜひ!

僕も近日中には2を観に行くつもりです。




ってか一番驚いたのは、

監督のジェームズ・ワンが





同じ歳(28)ってことです(笑)。




アフィリエイト始めてみました。





スポンサーサイト

[ 2005/10/31 01:35 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひびと

Author:ひびと
・32歳
・東京都在住
・妻1人、娘1人、息子1人
・お気楽にいきます

フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。