スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

決勝再試合・・・早稲田実業優勝! 

2日間に渡る熱闘の末、早稲田実業の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。

いやはや、決勝のみならず、すごい大会でした。

次々飛び出すホームラン。

逆転に次ぐ逆転。

記録とともに記憶にも残る大会でした。

そして最後に待っていた37年ぶり2度目の決勝再試合。

決勝再試合は宮城県民にとっては、少しデジャヴを感じさせる出来事でした。





ご存知の方も多いと思いますが、

今年の宮城大会決勝、東北-仙台育英も延長15回引き分け再試合となったからです。

しかも、投手戦の末の0-0スコアレスドロー。

そして、この対戦もエース・斎藤佑樹が連投先発した早稲田実業が勝ったように、

エース・佐藤由規が連投先発した仙台育英が勝ったんです。



だから、早実の斎藤君が連投で先発のマウンドに立った時点で、

なんとなーく「早実が勝つんじゃねーか」と思った人は

全宮城県民の70%くらいいるんじゃないかと(笑)。




しかし、打高投低傾向の大会にあって、

早実・斎藤駒大苫小牧・田中両投手の投げ合いはとても見応えがありました。

ともに140km台後半のストレートと切れ味鋭いスライダーが武器。

もちろん2人の投手のピッチングは素晴らしかったんですが、

それを支えていたのが、早実・白川、駒苫・小林の両捕手。

配球はもちろん、特に打者からは消えたかのように見える両投手のスライダーを

ワンバウンドになっても体を張って止めまくっていました。




1試合目の11回表。

満塁で斎藤投手がとっさの判断でスライダーを叩きつけて相手のスクイズを外したプレーは

捕手を100%信頼していないと出来なプレー。

捕手への信頼感が斎藤,田中という好投手に思いきったピッチングをさせ、

力を引き出していたと思います。




熱戦に言葉を失うばかり。

決勝を伝えるテレビ朝日の『熱闘甲子園』も、

実況は使いながらも、コメントを極力少なくしたVTRになっていましたが、

それでも引き込まれて十分見れました。

エンディングも、敗れた選手の涙、笑顔、全力のプレー、地元に戻った選手たちの様子を

音楽に乗せて上手く作ってありましたが、ベタですけど、やっぱり見ちゃいますね(笑)。

そしてやっぱり涙がほろりと。




こんなに毎日毎日興奮しながら試合を見たのは久しぶり。

とても見応えのある大会でした。

優勝した早稲田実業、おめでとう!!

そしてこの夏にかけた甲子園球児たち、お疲れ様でした。





高校球児たちの熱闘に感動した!という方はポチッとお願いします。




スポンサーサイト
[ 2006/08/22 07:32 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひびと

Author:ひびと
・32歳
・東京都在住
・妻1人、娘1人、息子1人
・お気楽にいきます

フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。